もしもの人身事故に備えて

弁護士費用はどうしてもある程度の費用が掛かってしまうため、ちょっとした物損事故や、後遺症の無い人身事故だと弁護士を依頼できないケースも出てしまいます。しかし、できればどんな軽い事故でも、後々のトラブルを考えた場合、弁護士に介入してもらうのは大切です。

そのため、万が一の時に備えて、保険に弁護士特約を付ける事をおすすめします。弁護士特約とは、交通事故などに巻き込まれた際、弁護士費用を保険会社が負担してくれるという特約です。そんな事故でも被害者が自分で弁護士費用を支払う必要がないことから、安心して弁護士に依頼することができます。もちろん、弁護士特約が付いていれば、相談料や着手金、成功報酬をはじめ、弁護士に支払う費用全てを保険会社にまかなってもらうことができます。

弁護士特約は300万円まで限度額が設定されていることが多く、小さな事故でも安心して弁護士を利用する事ができるというメリットはとても大きいです。交通事故や人身事故に巻き込まれて弁護士特約を利用しても保険の等級が下がることもないので、いざという時に備えて弁護士特約を付けておけば、事故に遭っても安心です。意外と自分の加入している保険に弁護士特約が付いていることを知らないままの人も多いので、自分の特約を確認しておくといいでしょう。

弁護士に依頼して損か得か

交通事故で弁護士を依頼する場合、弁護士に依頼して得なケースと損になるケースがあります。物損事故の場合は、高級車が大破したなどというケースでもない限り、高額な損害が発生する事は少なく、相手に請求できる金額は数十万程度です。そうなると、着手金や成功報酬を支払って弁護士に依頼しても、自分の手元にはほとんど金銭が残らないどころか、逆に損をしてしまう場合もあるのです。

人身事故の場合は、後遺症の有無や大きさによって、弁護士を依頼したほうがいい場合と、そうでない場合があります。人身事故は後遺症の有無によって賠償金額が大きく変わってくるからです。もしも人身事故に巻き込まれて、後遺症がなかった場合、逸失利益や後遺症に対する慰謝料が請求できないので、多くて100万円前後しか示談金を受け取れません。弁護士に依頼したとしても、半分以上が弁護士費用に消えてしまいます。ただし、入院や通院が長引く場合は、入院や通院に対する慰謝料が高額になるので、弁護士による計算で大きく慰謝料を取れる可能性が高まります。そのため、入院や通院が長引くケースは弁護士を依頼するべきです。

参考HP≪弁護士法人アディーレ – 交通事故慰謝料

そして、確実に弁護士に依頼すべきケースは、人身事故に巻き込まれて後遺症が残るケースです。この場合は後遺症についての慰謝料と逸失利益を請求できます。後遺症が一番低い等級でも100万円を超えるため、しっかりと弁護士によって手続きを進めてもらうメリットは大きいです。

弁護士費用の基本

もしも人身事故に巻き込まれてしまった場合、普段からお世話になっている弁護士がいれば問題ありませんが、ほとんどの場合は弁護士とは無縁の生活を送っている方が多いと思います。そのため、人身事故に巻き込まれたら、まずは信頼できる弁護士を探す必要があります。保険会社から弁護士を紹介してもらえる場合もありますが、そうでない場合は、自分で法律相談に赴き、人身事故の対応について相談しなくてはなりません。

ほとんどの場合、人身事故の法律相談は相談料がかかります。弁護士事務所によって差はありますが、概ね30分で5千円程度が相場です。相談の上で納得できたら、着手金を支払って弁護士と契約をします。この着手金の相場は、示談交渉の場合10万円程度が目安です。しかし、最近では相談料と着手金が無料の弁護士事務所も増えているため、突然の事故で弁護士費用を用立てられない場合も、まずは電話などで相談してみるのがいいでしょう。相談料と着手金の無い弁護士事務所は、成功報酬が若干高めの傾向もあります。どちらがお得か判断して弁護士事務所を選ぶのがおすすめです。

そして、弁護士費用の中で最も金額が高いのが報酬金です。これは、示談や訴訟の解決内容に応じて値段が上下する、成功報酬です。示談金の金額が高ければ高いほど、成功報酬も値上がりするという事になります。また、弁護士費用はこれ以外にも日当や実費がかかります。最初に細かいところまで費用を確認しておくのが大切です。

人身事故を弁護士に依頼する

もしも人身事故に遭遇してしまった場合、ほとんどのケースは示談によって解決します。もしも人身事故に遭遇したらどうしたらいいか、弁護士に相談する際の知識などについてご紹介します。
交通事故で人身事故にあってしまった場合、自分だけで対応しようとするのは難しく、さまざまなデメリットが生じます。特に、人身事故の被害者となってしまった場合は、例え怪我をしていなくても冷静な判断ができない場合も多く、間に専門家が入ってもらう方が、交渉がスムーズにいくようになります。人身事故が起きた場合、相手や相手側の保険会社と示談交渉を進めなくてはいけませんが、そういった面倒な交渉も、弁護士に依頼するのが一番です。

弁護士に依頼をすると弁護士費用が掛かってしまいますが、その分示談金の金額が上がったり、交渉の手間が省けたりするなど、弁護士に依頼する事で、費用が掛かる以上のさまざまなメリットが生まれます。事故が大きければ大きいほど、弁護士が介入したほうが示談金の金額が上がる場合が多いです。

いざという時のために、弁護士とのやり取りに付いて知っておくことはとても大切です。双方が納得する示談内容にするには、どうしても弁護士の協力が必要です。なかなか普段知ることのない、人身事故に遭遇した際の弁護士費用や、手続きの流れについてもまとめました。正当な保証を得るためにも、弁護士について事前に知っておき、いざという時にスムーズに弁護士に依頼できるよう備えておくのは大切です。