弁護士費用の基本

もしも人身事故に巻き込まれてしまった場合、普段からお世話になっている弁護士がいれば問題ありませんが、ほとんどの場合は弁護士とは無縁の生活を送っている方が多いと思います。そのため、人身事故に巻き込まれたら、まずは信頼できる弁護士を探す必要があります。保険会社から弁護士を紹介してもらえる場合もありますが、そうでない場合は、自分で法律相談に赴き、人身事故の対応について相談しなくてはなりません。

ほとんどの場合、人身事故の法律相談は相談料がかかります。弁護士事務所によって差はありますが、概ね30分で5千円程度が相場です。相談の上で納得できたら、着手金を支払って弁護士と契約をします。この着手金の相場は、示談交渉の場合10万円程度が目安です。しかし、最近では相談料と着手金が無料の弁護士事務所も増えているため、突然の事故で弁護士費用を用立てられない場合も、まずは電話などで相談してみるのがいいでしょう。相談料と着手金の無い弁護士事務所は、成功報酬が若干高めの傾向もあります。どちらがお得か判断して弁護士事務所を選ぶのがおすすめです。

そして、弁護士費用の中で最も金額が高いのが報酬金です。これは、示談や訴訟の解決内容に応じて値段が上下する、成功報酬です。示談金の金額が高ければ高いほど、成功報酬も値上がりするという事になります。また、弁護士費用はこれ以外にも日当や実費がかかります。最初に細かいところまで費用を確認しておくのが大切です。