もしもの人身事故に備えて

弁護士費用はどうしてもある程度の費用が掛かってしまうため、ちょっとした物損事故や、後遺症の無い人身事故だと弁護士を依頼できないケースも出てしまいます。しかし、できればどんな軽い事故でも、後々のトラブルを考えた場合、弁護士に介入してもらうのは大切です。

そのため、万が一の時に備えて、保険に弁護士特約を付ける事をおすすめします。弁護士特約とは、交通事故などに巻き込まれた際、弁護士費用を保険会社が負担してくれるという特約です。そんな事故でも被害者が自分で弁護士費用を支払う必要がないことから、安心して弁護士に依頼することができます。もちろん、弁護士特約が付いていれば、相談料や着手金、成功報酬をはじめ、弁護士に支払う費用全てを保険会社にまかなってもらうことができます。

弁護士特約は300万円まで限度額が設定されていることが多く、小さな事故でも安心して弁護士を利用する事ができるというメリットはとても大きいです。交通事故や人身事故に巻き込まれて弁護士特約を利用しても保険の等級が下がることもないので、いざという時に備えて弁護士特約を付けておけば、事故に遭っても安心です。意外と自分の加入している保険に弁護士特約が付いていることを知らないままの人も多いので、自分の特約を確認しておくといいでしょう。