弁護士に依頼して損か得か

交通事故で弁護士を依頼する場合、弁護士に依頼して得なケースと損になるケースがあります。物損事故の場合は、高級車が大破したなどというケースでもない限り、高額な損害が発生する事は少なく、相手に請求できる金額は数十万程度です。そうなると、着手金や成功報酬を支払って弁護士に依頼しても、自分の手元にはほとんど金銭が残らないどころか、逆に損をしてしまう場合もあるのです。

人身事故の場合は、後遺症の有無や大きさによって、弁護士を依頼したほうがいい場合と、そうでない場合があります。人身事故は後遺症の有無によって賠償金額が大きく変わってくるからです。もしも人身事故に巻き込まれて、後遺症がなかった場合、逸失利益や後遺症に対する慰謝料が請求できないので、多くて100万円前後しか示談金を受け取れません。弁護士に依頼したとしても、半分以上が弁護士費用に消えてしまいます。ただし、入院や通院が長引く場合は、入院や通院に対する慰謝料が高額になるので、弁護士による計算で大きく慰謝料を取れる可能性が高まります。そのため、入院や通院が長引くケースは弁護士を依頼するべきです。

参考HP≪弁護士法人アディーレ – 交通事故慰謝料

そして、確実に弁護士に依頼すべきケースは、人身事故に巻き込まれて後遺症が残るケースです。この場合は後遺症についての慰謝料と逸失利益を請求できます。後遺症が一番低い等級でも100万円を超えるため、しっかりと弁護士によって手続きを進めてもらうメリットは大きいです。